TOPICS

  • 日誌2020/09/19

    9月18日

    月刊ドラマの発売日は毎月18日。ですが、今月は昨日17日の発売となりました。この号は、「作家の出発点、コンクール受賞作」・・・

  • 日誌2020/09/10

    9月10日

    手に余る仕事量で日誌もままならない。なお、仕事量と利益、収入は比例しないのが出版業の宿命。映画製作と同じ。結局はお客さん・・・

  • 日誌2020/09/08

    9月7日

    毎月、雑誌を作っていて思うのは、計画通り順調に進むことは希れで殆どが計画通りには進まず、紆余曲折、時間との勝負をしている・・・

  • 日誌2020/09/03

    9月3日

    銀座の映画館に上映映画のシナリオが乗っている雑誌を持って行く。銀座の映画館で置いてもらうのは随分久しぶりだ。一人でも多く・・・

  • 日誌2020/09/03

    9月2日

    シナリオライターの桂千穂氏が亡くなった。90歳だったそうだが、氏が作家として日の目を見たのは40歳ぐらいからだった。「舞・・・

  • 日誌2020/09/01

    9月1日

    前にも書いたような覚えがあるが、映画界なるものがなくなった。シナリオをはじめ、そのことによるマイナスは大きいと思う。かと・・・

  • 日誌2020/08/31

    8月31日

    今月も今日で終わり。それにしても暑い日が続く。新型コロナの不安は収まらないが、警戒、緊張しつつ日常生活を取り戻していかな・・・

  • 日誌2020/08/25

    8月25日

    某シナリオ学校から返品が送られてくる。がっくりする。読者の望む内容ではなかったのか。どうすれば期待に応えられるのか。自問・・・

  • 日誌2020/08/24

    8月24日

    数か月ぶりに編集部内を片付ける。デジタル化しているわりには効率が悪い。まだまだCPを使いこなしてないのだろう。早く追いつ・・・

  • 日誌2020/08/22

    8月21日

    近頃、何十年も前に掲載されたシナリオ関連記事を再掲載することが多くなり、書かれている内容は今でも通用するから再掲載するの・・・

  • 日誌2020/08/19

    8月19日

    昨日発売の月刊ドラマ9月号の第20回テレビ朝日新人シナリオ大賞の選考作家座談会のなかで、「脚本家を目指している人たちが先・・・

  • 日誌2020/08/18

    8月18日

    かつて脚本家をめざす人は文学好きだった。文字から入った。今は映像から入る。映像から入って文字に行き着く。もはや、それが普・・・

  • 日誌2020/08/18

    8月17日

    明日発売の月刊ドラマ9月号、第20回テレビ朝日新人シナリオ大賞の受賞作発表号です。大賞作品、優秀賞2作品に、選考作家によ・・・

  • 日誌2020/08/13

    8月13日

    今日と明日は、わが編集部も盆休み。でも、どうしても出社しないとスケジュール上、仕事が片付かない。なので出社。行けば行った・・・

  • 日誌2020/08/08

    8月7日

    炎天下、取材に同行。仕事は録音機をセットしスタートキーを押すだけ。同席して聴いているだけだが、メモはとる。自分が聞き手の・・・

  • 日誌2020/08/06

    8月6日

    今年の夏はヘンだ。7月の長雨がようやく終わり、連日の猛暑。セミがうるさく鳴いていて、まぎれもなく夏だ。しかし、いつもの夏・・・

  • 日誌2020/08/04

    8月4日

    月刊ドラマ9月号は第20回テレビ朝日新人シナリオ大賞の受賞作発表号。大賞1、優秀賞2を掲載! 選評座談会をぜひ、読んでく・・・

  • NO IMAGE 2020/08/03

    8月3日

    はや8月。今年は例年以上に月、日の経つのが速い。この調子だと、あっという間に年末だ。

  • 日誌2020/07/31

    7月30日

    はや月末。今年も余すところ5か月。このままコロナと年末を迎えるだろうか。取材、インタビュー、対談、座談会、実にやりにくい・・・

  • 日誌2020/07/29

    7月29日

    脚本の世界は他のどの業界に近いのだろうか、と考えることがある。どの世界でもおおむねピラミッド型に構成されている。トップが・・・