• 日誌2020/02/18

    2月14日

    月刊ドラマ3月号の取次搬入日、直接購読者への発送日。でした、

  • 日誌2020/02/14

    2月13日

    バックナンバーを調べる機会が近頃多い。時代の変化に驚く。映画もテレビドラマも描かれている世界が狭まっていることを痛切に感・・・

  • 日誌2020/02/13

    2月12日

    人はなぜドラマを観るのか。結果的に人生を学んでいるのだと思う。自分一人では体験に限度がある。映画やドラマを観ることで、い・・・

  • 日誌2020/02/10

    2月10日

    よく作家の方の話で、書き上げたシナリオがパソコンの不具合で消えた、というのがある。つい先日の取材先でもそいう話を聞いた。・・・

  • 日誌2020/02/08

    2月7日

    月刊ドラマ3月号(2月18日発売)の掲載脚本は野木亜紀子:脚本『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレ東)、玉田真也:脚本『伝説の・・・

  • 日誌2020/02/06

    2月5日

    コンクール作品の総評で「哲学がない」と言った選考委員の作家がいた。「既成作からの借り物ばかりで作っている」と酷評した作家・・・

  • 日誌2020/02/05

    2月4日

    必要があってバックナンバーを見ていると、目的外の記事をよんでいる自分がいる。特に自分が関わった取材記事は興味津々だ。恥ず・・・

  • 日誌2020/02/03

    2月3日

    今日は節分。何年か前にも書いたような気がするけど、節分豆まきが出てくる映画やドラマはあまり見たことがない。ま、かつて量産・・・

  • 日誌2020/02/01

    1月31日

    編集部のあるシナリオ会館の前で声をかけられた。そこで遭うはずのない知人だった。こうした偶然の出会いがけっこうある。電車の・・・

  • 日誌2020/01/30

    1月30日

    寒中見舞いのはがきが届いた。見覚えのない差出人だった。読むと毎年年賀状をやり取りしていた脚本家の方が昨年11月に亡くなっ・・・

  • 日誌2020/01/29

    1月29日

    脚本家が作家でなくなったとき、日本の映画もテレビドラマもネットドラマも衰退するだろう、と思う。もちろん一人の才能が脚本・・・・

  • 日誌2020/01/29

    1月28日

    昨年の国内映画興行収入が新記録だという。アニメ映画が大当たりしたから。だからアニメを作りたい人が増えているという。それは・・・

  • 日誌2020/01/29

    1月27日

    ネットドラマが盛んに作られるようになって、脚本家の仕事の場も広がった。その反面、脚本家の存在が見えにくくなってきている感・・・

  • 日誌2020/01/25

    1月24日

    近頃、シナリオ作家の仕事は超専門職であると思うようになった。シナリオは誰でも書けるが、それを職業にすることはいくつかの条・・・

  • 日誌2020/01/24

    1月23日

    改訂版「シナリオ」2月号は24日(金曜)発売です。レギュラー号の2月号は不備があったため。

  • 日誌2020/01/22

    1月22日

    連日のハードワークで日記どころではない日が続きました。大河ドラマが始まり、ようやくドラマ界の顔が揃った感。今年はドラマ界・・・

  • 日誌2020/01/18

    1月17日

    明日発売の月刊ドラマ2月号では『相棒』season18のシナリオを掲載している。輿水泰弘:脚本『アレスの進撃』『アレスの・・・

  • 日誌2020/01/17

    1月16日

    名作シナリオ集を作ったときに強く感じたのは、昭和20年代、30年代前半の映画シナリオは音の描写がきめ細かだった。それが現・・・

  • 日誌2020/01/16

    1月15日

    今クールは医療ドラマが多い。かつてドラマの3大ジャンルというのがあって、それは刑事もの、学園もの、医者ものだった。今は学・・・

  • 日誌2020/01/14

    1月14日

    毎月、公開映画のリストを作っていて思う。「なんて脚本・演出の映画が多いんだろう。特にオリジナルは」。