• 日誌2018/11/07

    11月7日

    かつてテレビドラマで「脚本家の時代」といわれる時期がありました。1970年代半ばから80年代半ばぐらいのこと。向田邦子、・・・

  • 日誌2018/11/07

    11月6日

    月刊ドラマ12月号のデータを印刷所へ。この号はほとんど相棒スタッフに働いてもらった。二冊の書籍の仕事に多くの時間を使った・・・

  • 日誌2018/11/06

    11月5日

    月刊ドラマ12月号の校了日でした。今、最も注目されているといっていい脚本家、野木亜紀子氏の脚本『獣になれない私たち』第一・・・

  • 日誌2018/11/02

    11月2日

    今日いちばんショックだったのは『シアターガイド』の休館だ。映画雑誌も演劇雑誌も時代の波に呑まれている。情報はインターネッ・・・

  • 日誌2018/11/02

    11月1日

    今日から11月。今年のゴールが見えてきて、二ヵ月間でやることをやらなくては、という決意です。大げさですがね。ま、今年中に・・・

  • 日誌2018/10/31

    10月31日

    東京・赤坂は氷川神社や日枝神社などもあり、緑地の比較的多いところのはずですが、地下鉄の出口から60秒の編集部(先日狸が出・・・

  • 日誌2018/10/30

    10月30日

    シナリオ12月号を定期読者の方と筆者、関係者の方へ送りました。その後、月刊ドラマ12月号の表紙の打合せその他でデザイナー・・・

  • 日誌2018/10/30

    10月29日

    明日はシナリオ12月号が出来てくる。今年後半は『カメラを止めるな』から始まって、話題作を掲載することができた。12月号は・・・

  • 日誌2018/10/26

    10月26日

    国際ドラマフェスティバル・シンポジウム「ここから始まる“新しい”テレビドラマ」~企画提案カンファレンス、を傍聴するため、・・・

  • 日誌2018/10/25

    10月25日

    シナリオ12月号の最終チエックを午後2時ごろに終えて、これも校了が迫っている書籍の校正など。このところすっかり秋めいてき・・・

  • 日誌2018/10/24

    10月24日

    シナリオ12月号のデータが印刷所へ。掲載シナリオは塚本晋也『斬、』、新人シナリオコンクール特別賞・大伴昌司賞準佳作の映画・・・

  • 日誌2018/10/23

    10月23日

    北阪昌人氏の著書『ラジオドラマ脚本入門』がおかげさまで第2刷となりました。月刊ドラマは創刊からラジオドラマの頁を設けてい・・・

  • 日誌2018/10/22

    10月22日

    明日はシナリオ12月号の校了日。最後のスパートをかけてます。もっとも今月は掲載シナリオが比較的早めに決まっていたのでここ・・・

  • 日誌2018/10/19

    10月19日

    明日、20日のよる9時からNHK総合で放送の野木亜紀子:作『フェイクニュース』前編をご覧ください。月刊ドラマ12月号に後・・・

  • 日誌2018/10/19

    10月18日

    編集部の下の階に「シナリオ講座」がある。今日もエレベーターで受講生と一緒になった。皆、若い。脚本家を目指している人、映画・・・

  • 日誌2018/10/18

    10月17日

    明日、18日に発売の月刊ドラマ11月号、掲載脚本は岡田麿里『学校へ行けなかった私が「この花」「ここさけ」を書くまで』、橋・・・

  • 日誌2018/10/17

    10月16日

    業界紙に映画各社の収入が出ていた。前年比でマイナスが多い。結局は当たる映画があるかないか。脚本がいいかどうかに連動する。・・・

  • 日誌2018/10/16

    10月15日

    雑誌づくりは一喜一憂だ。とんとん拍子にコトが運ぶことはない。一本の電話、一行のメールに喜び、一字の誤りに落ち込む。今日は・・・

  • 日誌2018/10/12

    10月12日

    いくらか過ごしやすくなってはきましたが、まだ気分は夏の延長で、クールビズを続けている。本来、今は爽やかな青空の季節のはず・・・

  • 日誌2018/10/11

    10月11日

    月日の経つのは早い。今、仕込んでいるのはシナリオ誌もドラマ誌も12月号だ。今、製作に関わっている書籍2冊はほぼ一年越しだ・・・